熊本地震被害

 14日から続いている熊本地震の被害は、昨夜のこちらが本震と言われる地震と、繰り返される震度6クラスの地震で、これまで持ちこたえていた建物がつぶれ、それも夜中のことでしたから下敷きになって亡くなる方が続出し、ついに死者41人となった。
 崖崩れもあちこちで発生しこのせいで押しつぶされた建物も多く、この中でも何人もが亡くなっています。
 なんとかこれで治まって欲しい。せめて雨による二次被害だけでも無いようにと祈っています。

泣く子と風には・・・

 昨日、伊東代議士と生乳指定団体制度や、小規模土地改良事業予算、社会資本整備交付金、羅臼地滑りの二次災害問題等について懇談するため上京していました。
 今日は久し振りに中標津直行便に乗って帰ることにしましたが、家からは「風が強くなるといってるよ」とメールが入っていました。
 兎も角らないと言うことで羽田まで行くと、条件付のフライトでしたので、まあ大丈夫だろうと乗り込み、約2時間かかって中標津上空に行きましたが、着陸態勢に入って高度を下げるとひどい揺れで、そのまま上昇し3度ほど回りましたが、ついに羽田へ引き返してしまいました。
 札幌便に切り替えて今日は札幌泊。明日一番で帰ることにしましたが、風には勝てませんでした。
有れ海.jpg眼下に見える海の白浪

熊本で大地震

先ほど熊本で震度7の非常に強い自信があったと報じられました。
そのまえに、東京23区で強い地震があると警報が入ったばかりで、そちらは殆ど気付かない程度でしたが、その後のニュースで、熊本が報じられ、大きな被害かなければと心配しているところです。

助っ人

 今日は、昨日公示された衆議院北海道5区補欠選挙に立候補している和田候補の支援要請で選挙区だけでなく、そこから通っている人も多いと思われる企業等を回りました。
 社員の皆様方全員に声をかけたいところでしたが、就業中と言うことで役職員の方々に協力を依頼しました。
 やはり安倍内閣の強引と思える政治の進め方については一定の危惧もありましたが、批判は批判としてそれを与党の中でしっかり発言する議員を送らなければ、単なる批判で終わってしまって、結局想いは実現できなくなると言うことは理解して戴きました。
 有権者の皆さんもそこのところを理解してくれればと願っています。

補欠選挙

 北海道5区の衆議院議員補欠選挙が公示され、選挙戦が始まりました。
 今回の選挙は、7月の参議院選の前哨戦とも言われ、また安倍政権の中間評価になる事、この選挙区が札幌という都市と石狩管内の農村部、それに北広島、石狩市、恵庭市などの衛生都市群など日本の縮図的な選挙区であること、そして最も注目されているのが共産党と民主党が初めて手を組んで統一候補を立てて戦っていることです。
 人物評価はそれぞれ特色を持っている方ですから、優劣はないものと思っていますが、相手の池田候補が、単に安倍政権の進めている政策に反対するだけの戦いであるなら、もしそちらを選んだ選挙民には混乱と失望感が残るだけになってしまうだろうと思っています。
 政治はみんなの要求を実現してなんぼの世界です。
 反対するだけの為の選択は決して総合的に国民を良い方向に導くことは出来ません。

改めてのスタート

 7月に行われる予定の参議院選挙で自民党から二人目の候補となっている柿木道議の事務所開きがありました。
 私達が地方の代表として期待して送り出す柿木さんではありますが、美唄市という小さい選挙区からの道議会議員ですから、その他の地域には全く無名の存在で、これから3ヶ月足らずで当選にこぎ着けることは本当に大変なことです。
 中標津町と美唄市が地域の米と乳製品の連携交流をしているのも私と柿木氏の間で発案したものです。
人口減少に悩む美唄市の出ですから北海道の地方の代弁者として是非とも送り出したい方です。

格差と貧困

 子供の貧困が問題になっている事はこれまでも触れました。
 子供の貧困は親の貧困とイコールなのも解っていますが、今の日本で、6人に一人という高率と言うことがショックを与えています。
 「相対的貧困」という言われ方がされて家庭の所得が200万円以下がそれに分類されていますが、日本全体がもっと貧しかった頃でも、中学卒の同級生が普通に結婚し、家も持ち、子供の2人や3人をきちんと育てられたのに、何故こうなっているのかと思います。
 私達は全てのものに安さと便利さを求め、その結果が競争社会の中でこうした貧困という格差を生み出しているのではないかと、そろそろ気付くべきではないかと思います。

その先の、道へ。北海道

 北海道の新しいロゴを募集し、このほど「その先の、道へ。北海道」に決まったとの報道があります。
 これまでの「ためされる大地」はその意味するところとカラフルなデザインで大きなインパクトを与えてきましたが、古くなったということもあってこのロゴになったということです。今後「ためされる大地」ほどのインパクトを与えることが出来るか見ものです。
 正直少しインパクトが足りないとは思いますが、気持ちは分かるので、今後この意図するところを道民みんなが共有して進んでいければと思います。

米消費拡大

北海道の米は美味しくなって、道内の食率も85%。をこえて、地場消費は他の府県を越えるまでになりました。
これも、品種改良や栽培技術を磨いた農家、自信を持って販売促進をした販売店の努力と敬意を表します。
それでもなおこのような工夫で手を緩めない努力が有ります。
なにかしら微笑んでしまう小さなポスターですね。
DSC_1351.jpg

桃田選手

 バドミントンのメダル候補に期待されている桃田選手と、2012年ロンドンオリンピック代表の田児選手が、違法カジノ店に出入りし、多額の金額をかけていたことが発覚したと報じられており、今年のリオデジャネイロオリンピック出場は絶望的となって来ました。
 昨年のジャイアンツ選手の野球賭博事件以来スポーツ選手の不祥事が明らかになって、選手生命を絶たれることが多くなっています。
 海外ではドーピング、日本では賭博行為と形は違いますが、世界のトップレベルにあり、その結果が国民に勇気を与えることが多いだけにそのショックは大きいものがあります。
 技術レベルが高くなるほど人間的にも成長しなければならない宿命を負っていることを忘れず選手育成にあたる必要があると思います。