遊説その2

昨日の岩本候補に続いて、今日は高橋はるみ候補と比例の橋元聖子候補がセットで回ってきました。橋本候補は24年間の参議院議員として国の抱える課題を話しましたが、24年前参議に初当選した時の国家予算は61兆円。今年の予算は101兆円で24年間で40兆円の増ですが、このうち医療費が10兆円から40兆円に膨れ、農林水産予算は2兆5千億円から2兆3千億円と若干の減、建設予算も4兆円のままと、全体の予算の在り方やシステムを変えるためにも支持をと訴え、はるみ候補は16年の知事の経験で得たことを北海道のために生かしたいと訴えました。3人とも当選させられるよう全力を挙げます。

遊説

今日で6日目の参議院議員選挙で、岩本剛人候補が根室管内の遊説に訪れました。私は別海から羅臼まで司会と最後のお願いをする役目で同行しました。各街頭演説会場にはそれぞれ多くの方が集まってくれ、熱心に話を聞いてくれましたが、会場に来られなかった方への知名度不足はどうやってカバーするか、悩むところです。

地方議連&防衛議連総会

市町村など地方議員で組織している地方議員連盟と、道東防衛議員連盟根室圏支部の総会を開きました。地方議員連盟では北方領土問題についてもっと道議会でも全員参加の中で行動すべきではないかとの意見があり、文書をもって申し入れることになりました。防衛議連では第5旅団視察研修を組んではいかがとのことで、これについても日程調整をしていくことにしました。その後両議員連盟主催で、田浦北部方面総監の講話で研修会を一般にも公開して開きましたが、自衛隊がどんな時にも頑張れるもとは「躾の文化」があるからと言うことに改めて感じるところがありました。

孫の運動会と農高祭

日曜日、女房のけがで千歳での少林寺拳法の全道大会出席をキャンセルし、牛舎作業を手伝った後二番目の孫の通っている幼稚園の運動会を見に行きました。懸命の演技したり走ったりする多くの幼児を見ると思わず微笑んでしまいます。また、今日は中標津農業高校の学校祭が開かれているのでそちらへも立ち寄らせてもらいました。丁度「農高太鼓」の演奏が始まったところでしたが、鳥肌ものの演奏に感動しました。子供や若い人が元気でいられる地域を保ちたいものです。

駐屯地記念行事

陸上自衛隊別海駐屯地の54周年記念行事が開かれ、出席しました。日本一広い矢臼別演習場の管理と道東防衛の最前線で偵察隊と普通科中隊を配備し訓練に励んでいます。今日の訓練展示は帯広の機甲団から音楽隊と2両の戦車も参加し、勇壮な行進と訓練展示を披露しました。外国からの侵略と災害は想定したくはありませんが万一に備えなければならないことは同じです。おさおさ油断の無いように私たちも備えなければなりません。

女房のけが

朝、そろそろ議会へ行こうかという時間に女房から電話。何事かと思ったら、「転んで手が自分のものでないみたいになった」とのこと。牛舎で牛を追っているときに転んで方から落ちて、気が付いたら手がブランブランになっていたとのこと。牧草収穫に行っていた息子を呼び戻し、病院に勤めている娘に電話を入れて病院に連れて行ってもらい脱臼をはめてもらいました。私も急いで帰ろうとしましたが、昼の便に乗れず、夕方帰りましたが、完全に右肩を固定しているため何もできずしばらく家事手伝いとなります。

先を見た政治

親類の不幸があり、札幌から飛行機で中標津まで半日で往復してきました。こんな芸当ができるのも中標津に空港があり、3便飛んでいるおかげです。今から70年前、当時30代で中標津町長を務めていた尾崎豊氏が、荒れ果てていた旧海軍飛行場に飛行機を飛ばそうと提案し、ついに帯広経由でしたが、実現してから定期便が飛ぶようになりました。先を見た政治とはこういうことで、いつもこうした仕事ができているか自問しています。

受動喫煙防止

新しい議会庁舎に喫煙室を設置するかどうかが、マスコミを巻き込んで議論になっています。7月1日から昨年改正された健康増進法25条が一部施行になり、公共施設や行政施設、学校、病院などは全面禁煙になりますが、議会は別だとして設置をする方針を出した自民党会派が非難をされています。私は昨年まで「受動喫煙条例」を議員立法で制定しようとしてきましたが、残念ながら議決には至らず、理事者提案に託しています。この議論の中で得た結論は「三方一両損」で調整するしかないということです。喫煙者は完全に隔離された喫煙室以外では吸わないこと、ちょっとした臭いや煙でも具合の悪くなる体質の方も衣服等についた臭いなどは少し我慢していただくことで共存できるのではと思うからです。

勉強しなきゃ

今日の質問の最初は大越農子議員。質問の中で新聞等で議論になっているIRについて、外国での成功例と失敗例を引き合いに出して、成功例ではありながら失敗から始まったラスベガスについて、収入を獲得するためにカジノに偏りすぎて反社会的グループの介在を招き客離れを起こしていたものを、エンターテイメントや高級ホテルなどを導入し、裏社会を排除した結果いまの盛況を招いたことを紹介し、計画段階からしっかりそうした設計をし、道民にそのことをきちんと示して推進すべきと指摘しました。先日の会派での説明会ではまだまだ不足で、勉強が足りないと反省しました。

丘珠空港

今日は午後からの一般質問でした。札幌市東区選出の渡辺議員は自分の地元にある丘珠空港の活用について、災害時の緊急代替空港として活用できるように整備していきながら、平常時には札幌のもう一つの玄関口として利用していくという使い方です。この空港利用については以前から度々、拡張や道内のハブ空港として利用拡大が訴えられてきたが、1500メートルの滑走路が延長されないため、通年での利活用ができないでいます。昨年の胆振東部地震が、もし千歳空港にもっと近く、滑走路が被害があったとしたらというようなことも想定しておく必要があります。