期待感

道議会議員選挙と知事選挙が終わり、地域回りを始めました。どこに行っても「おめでとう」の言葉から始まりますが、本当におめでとうを言いたいのは私に期待をかけて当選に導いてくれた皆さんの方だと言いたいところです。そしてその期待を実現に持っていく努力をすることが私の務めです。9日間地域を回って感じた地域の切実な期待や熱意を何としても解決に向けていかなければならないと思っています。

旅団長講話

道東自衛隊家族会中標津地方支部の総会と研修会があり出席しました。研修会では陸上自衛隊第5旅団長の防衛講和があり、自衛隊創立(警察予備隊)からの簡単な歴史と最近の任務について軽妙な語りでお話をいただきました。今回の内容は主として災害や海外協力業務などについてのえぴそー度を交えたものでしたが、話の始めの「航空はエリアを守り、海上は主権(領土・領海)を守り、陸上は国民を守る」との3自衛隊の役割が違うという話になるほどと思いました。

久しぶり

というよりはまさに一か月ぶりに議会へ行きました。葬儀のお礼と、今後の予定等の聞き取りを兼ねて議会や道庁の中を歩きました。お世話になったすべての皆さんにお礼が言えなかったことが心残りでしたが、タイムアウトで帰らざるを得なかったことで、お礼を言えなかった方にはお詫びいたします。たまたま今日、当選証書が渡されるという日程ということでしたが、今年はすべて郵送にするとのこと、合理的でよいと思います。

後始末

母が亡くなって葬儀が終わってすぐに選挙戦に突入したため、役場への手続きや、貯金口座への相続手続き(農協の年金受取口座)などをしていませんでした。そのため役場で戸籍謄本をとりましたが、母が生まれた時からのものをとってみるとその父の動静や、私の祖父の出自までが記載されているものもあって非常に興味深く見ました。このまま提出してしまうのはもったいないので、コピーを取っておくことにします。

事務所納め

一か月にわたって選挙事務所として使った事務所も、昨日の選挙終了で元の事務所に戻ることになりました。午前10時から羅臼の選対事務所で、当選報告とだるまの目入れ式を行い羅臼町での選挙活動を終了した後、中標津の事務所に戻るときれいに片付いていました。明日からはピアビルの事務所で平常の業務に戻り、私も行事や札幌往復の日々が再開します。期待に違わないように頑張るぞ!

当選

29日告示された統一地方選挙の道議会議員選挙と知事選挙の投開票が行われ、鈴木直道知事候補が、160万票を獲得し相手候補に70万票近くの差をつけて見事当選。私も1万8千票余りをいただいて当選することができました。初当選以来5度目の当選でしたが、今回は初心に返ってと思っていました。しかし、やはりこの大きな票をいただくとその期待感に大きな責任を感じます。今後につながる地域の発展を支える基盤を作るよう、票をいただいた皆さんとともに働いて行きたいと思います。

遊説終了

3月29日の告示以来管内全域を走り回って皆さんに訴えかけていた遊説がきょう終了しました。最後の街頭演説でフィナーレとしたJAストア「あるる」前には告示前から様々ない支援してくれていた方たちが大勢集まり、私たち遊説隊をねぎらってくれました。16年前のことを思い出しながら、これまで来られたことに感謝し、遊説中の住民の皆さんの熱い応援に感謝もしました。と同時に、その期待の大きさもずっしりと感じることができました。今後、約束した政策を着実に実行していきますが、多くの皆さんとともに各町の町長さんたちと連携を密ンして進んでいきたいと思っています。まずは明日当選を果たすことが大事です。

投票率

順調と思っていた選挙戦ですが、今日の遊説が終わって事務所に帰ってきたときに、事務局長が来訪者に語っていたことを聞いて慄然としました。それは投票率が仮に40%まで下落した時には有効投票数は約1万6千票にまで減り、組織票のある相手候補が7~8千票をとると残りの票が私で、決して楽観できる状態にはならないということです。最初の選挙ではいかに投票率を上げるかに工夫をし、そのことによって私は議員となれたのです。投票率が40%等と言うことの無い様に祈るだけです。

通夜

このブログを中断している間に母が亡くなりました。22日の朝、ある企業の事業所へ朝礼に行っている最中入院していた病院から連絡が入り駆け付けた時にはすでに旅立った後でした。前の日姉と会いに行った時には苦しそうな息をしていて切ない思いで帰ってきましたが、その前の日はまだ話ができて、手を握った私の手が「冷たい」とか、「帰るからな」と言ったら、うん、といっていました。これが最後の会話でした。式場とお寺の都合がつかず一週間自宅で見守ることができました。今日が通夜です。

復帰

故障していたパソコンが復旧しましたので、また書き込みを再開します。何がどうなっていたのかわかりませんが、息子に預けていたところ何とか復旧したとのことで今日持って来てくれました。このブログとパソコン専用のメール以外は、スマートフォンがあるので不自由はしませんので便利な世の中になったと思うのですが、プリンターともつながらずその意味では、議員にとっては必需品です。もうタブレットの時代ではありましょうが、併用していこうと思います。、