団体政策懇談会

今日から自民党政務調査会主催の「団体政策懇談会」が始まりました。今日は月曜日という事で午後からの開始でしたが、一団体30分ずつ8団体と行いました。私学の団体は公私の負担格差を埋めるためにも、運営費補助や地域小規模校経営改善促進費、耐震化支援の補助率を公立校並みになどの要請を、公務員獣医師等の人材確保、女性獣医師の就業環境の整備、狂犬病予防対策などについて、バスやハイヤー協会は非常時の燃料供給体制など、農業土木関係では当初予算の確保による経営安定で人材確保等々各団体とも要請を絞ってきてくれました。何とかして実現できるように努力しなければと思います。

キラウェイ

中標津町から弟子屈町美留和までの約70キロに自然の中や牧場などを歩く「キラウェイ」と呼ばれる北根室ランチウェイがあります。今日後援会の行事としてこの道を歩きました。第一ステージといって、街の中心地のバスターミナルから開陽台までのおよそ15キロのうち、開陽台から緑が丘森林公園までの13キロほどを約3時間かけてき歩きました。天気にも恵まれて自然を満喫し、大量に落ちているドングリや、クマのいたずらした形跡のある木の根、キノコ、真っ赤に実ったマユミやハマナスの実など堪能できました。心地よい疲れを焼肉で癒しました。

台湾ランナー

議会が終わり、今朝天候調査のかかった飛行機で中標津に帰りすぐに中標津小学校の開校100年記念式典に出席。全国大会出場の決まっている「なかしべつジャガース合唱団」の天使のような歌声と、元気な子供たちの歌う校歌に聞きほれました。夜は明日の別海パイロットマラソンに出場するために来ている台湾のラン愛好者の皆さんの歓迎会を親善協会と12楽走という中標津のラングループで開きました。30人の団体で、フルや5K、10キロなどに参加するという事で、完走して鮭を獲得してもらいたいものです。

最終日に

今日で第3回定例会は終わりますが、今休憩中です。理由は、私たち自民党道民会議が提案した「国会における憲法論議について」の意見書に対して、民主党と共産党が反対の立場から質問をしてきたからです。意見書の内容は、「新しい時代にふさわしい国家の在り方を構想し、主権者である国民において幅広く議論をさせるよう努めることは国会の責務である。よって国においては国会の憲法審査会で丁寧な議論を進めるよう求める」というものでありますが、頭からその議論さえさせないようにしようという会派は全く矛盾した質問をぶつけてきます。議論もさせないようにするというのは民主主義の明確な否定としか言いようがありません。

スペシャルオリンピックス

聞きなれないオリンピックですが、精神的な障害のある方々のスポーツ大会のことです。世界の174か国が参加し、アスリート数も510万人に上るという事で、昨年夏季大会は愛知県で開かれたという事です。今日、日本の理事長を勤めている「有森裕子さん」が議会で講演し、来年の2月21日~23日北海道で冬季大会が開かれること、この大会は8人程度の小グループで競技し全員を表彰するという事になっているそうで、スポーツに参加する機会を提供し、生きる喜びを持ってもらうようにという趣旨だそうです。

韓国国慶日祝賀会

韓国が紀元前2333年、檀君朝鮮を建国したという神話に基づいて、大韓民国建国後に決められた国慶日の祝賀レセプションがあり出席しました。朴総領事が挨拶の中で、韓国では北海道への観光が人気となり、2014年は35万人だった観光客が昨年は70万人と倍になった。然し今、両国の間には困難が横たわっていて訪日韓国人が減少している。このような事態はそう長く続かないことを祈り、またそうなるよう努力したいと話しました。憎しみ会うことはどちらの国民に何の利益ももたらさないことを思うべきです。

標津町140年

明治12年に標津町に初めて行政の拠点としての戸長役場が置かれてから今年で140年という事で、今日その記念式典が行われました。10年後には150年という事で控えめな記念事業としたという事でした。標津町は江戸時代の元禄年間のころから鮭をとる場所が開設され、またアイヌとの不幸な歴史や、国境警備に駐留した会津藩士の大量死などもありましたが、奥根室管内の開拓の起点として永くその役割を果たしていました。最近では人口減に歯止めをかける様々な施策が次第に効果を上げてきています。頑張れ!標津!!

タンゴの夕べ

道議会文化・音楽議員連盟の行事で、札幌文化芸術劇場hitaruで開かれた永遠のタンゴコンサートに参加しました。アルゼンチンタンゴの最高峰にあるエクトル・デル・クルト タンゴ5重奏団の演奏と二組のタンゴダンサーによるダンスに酔いしれました。タンゴとは情熱的で正確にリズムを刻むものと思っていましたが、ジャズ的要素も取り入れすっかり現代風になっていましたが、11歳のリーダーの息子もクラリネットで参加し、その素晴らしい演奏にも感心した、心豊かに過ごした夕べでした。

イベント

秋のこの時期は各地で様々なイベントが開かれます。今日は中標津町福祉協議会主催でふれあい祭りが行われ、町内で様々な団体や様々な立場で福祉向上のために活動している方々が集まり子供たちのダンスも加えてたくさんの町民が訪れていました。次は北根室ランチウェーでのトレラン(トレッキングコースで走ること)大会で、今日は第一ステージから第二ステージの佐伯牧場まで20キロ超を走り11時過ぎにみんなで手をつないで万歳しながらのゴール。私もそれを迎え、挨拶までさせていただきました。最後が標津アキアジ祭り。天気が良かったこともあってたくさんの人が来場。人気のアキアジつかみには神奈川とか埼玉など本州のほか札幌、釧路、厚岸など各地からエントリーして観客の皆さんと大いに盛り上がっていました。

乳牛改良

北海道畜産総合共進会乳牛部門が開かれ今日一日の審査を見せていただきました。若牛の部門では将来乳牛として働く素質を、成牛となった牛は長命連産で、たくさんの乳を出す能力を比較されながらその順位を決めていきます。17の各部門で全道一を選んでいきますが、やはり上位に選ばれる牛はレベルが高いと思いました。ただ、ここまで各地の予選を通過してきた牛ばかりですからどれをとっても遜色がないほどレベルは高くなっていると思いました。