緊急事態宣言終了

2月28日に知事から発せられた新型コロナウィルス感染症まん延防止の「緊急事態」期間が明日で終わるのを前にして、19日で緊急事態は終了するとの発表がありました。昨日ようやく新しい陽性者がゼロというところまできたことを受けての発表です。今日は残念ながら2名の感染が明らかになりましたが、10名を超える日々があったことを考えると一応克服のめどが立ったのだと思います。完全に緩めてしまうとまた再流行となりかねませんので用心はしなければなりません。

ついにゼロ

毎日ドキドキしながら北海道の新型コロナウィルス情報を見ています。夕方に一人だったこともあり、今日はと期待したけれど札幌市の発表で一気に増えたりもしてがっかりの繰り返しでした。しかし今日は違っていました。ついに最後までゼロでした。月曜日は少ないという事でしたので、その分が火曜日に出てくるのがこれまででしたから、今日もと心配していましたが、杞憂に終わりました。このまま毎日ゼロでいてくれたらと思います。

今日も特急で

移動自粛のせいで、飛行機もガラガラと言いますが、鉄道も同様で、その体力から行くと経営危機はこちらの方が厳しいという事で、今日も特急に乗って札幌に出向きました。珍しくというと失礼でしょうが、ピッタリ時刻表通りに到着しました。車掌に新人が入ったと見えていつもの車掌がついて切符の確認などの業務を行っていました。こうした若い社員のためにもJR北海道の幹部は出来ることを全てやって欲しいものです。

外出自粛では

緊急事態宣言から2週間が経ちました。そろそろその効果が出てきて新しい感染者が出なくなっても良いのにと思うのですが、まだそうはなっていません。多少の希望は、これまでの感染者との関係が深いいわゆる濃厚接触者からの感染が増えていることです。緊急事態宣言で、人混みなどに入ることを自粛するようにと呼びかけられていますが、外出自粛でも飲食店に出入りすることの禁止でもないことです。このままでは個人営業の方や、そこでアルバイトで生活をしていた人たちを路頭に迷わせてしまいます。手立てを考えなければ!

4分

今日、JR北海道の新しい時刻表が始動し、新千歳空港と札幌を結ぶ快速エアポートにも、東京の京急やモノレールのように空港特快が新設され、札幌―新千歳空港間が4分短縮されたとの記事が載っていた。そんな物かというのが正直なところだ。新幹線でもそうだが、例えば4時間かかっていいるところを4分短縮して3時間56分で到着できるとして、それがどうだというのだ、という気持ちになるのはへそ曲がりのせいだろうか・

健康な体に健全な心

今回改定される北海道教育大綱について、昨日会派の教育振興議連で説明したうえで意見を求める予定でしたが、コロナウィルス対策本部ができてから全体説明会を開いていないため緊急性を考えてそちらに譲り、大綱素案を全員配布したうえで、今日議連の役員会を開いて意見を求めました。この意見の中で、もっとスポーツについて強化できるような施策をしなければ、スポーツ大国北海道と言いながらどんどん優秀な指導者のいる道外へ流出していく。健全な体に健全な精神が宿るという事を再認識すべきという趣旨の意見がありました。もっともです。

不安の中で

明るい話題を書くことができず残念なのですが、緊急事態宣言以来サービス業の経済活動は全く停止した状態で、観光、宿泊、飲食などの業界ではほとんど事業が停止した状態になっています。国は経済対策という事で、緊急融資や、100パーセントの補償、収入を補填するなどの措置を散りましたが、個人事業者や大きく影響を受けている事業者には、少しでも短期で収まることを祈りつつ、思い切った救済策をとらなければ大変な混乱が生じると思います。議会として油断なくそこのところを対応してまいります。

大震災から

今日は東日本大震災から9年目。今日から再開された道議会でも冒頭犠牲者に黙祷をして始まりました。テレビは一日中復興関連の報道をしています。いま日本が当面している新型コロナウィルス問題も、危機管理の課題を突き付けています。常に予想していなかった事態に直面した時どう対処するか、そのことが繰り返し経験として積み上げられマニュアルとして残されなければなりませんが、なかなかそうはなっていません。今度こそは在っては欲しくない次のために備えておかなければ!

様々な情報

コロナウィルス関係の情報や評論が毎日マスコミに取り上げられています。一方でSNSでも様々な情報があふれていますが、個人的な見解や、意図を持ったフェイク情報、意図はしていないフェイク情報など多くの書き込みがあります。私はツイッターはしていませんが、特にここからのフェイク情報が混乱のもとを作っています。トイレットペーパー騒ぎなどはその典型です。一方公的機関の流す情報は受け身のものが多く、ホームページにアクセスしなければ知ることのできない者もあります。プッシュ型支援のように積極的に発信するにはどうすればよいか工夫が必要です。

閑散

鉄道を利用しなければ、という事もあって釧路から「おおぞら12号(19時発)」に乗りましたが、最終という事もあって釧路で乗り込んだお客さんは10数人にとどまっていました。折り返す前の札幌からの便にはそれなりに乗っていたのでみんなが移動自粛をしているばかりではないと思いますが、それにしても少なすぎます。到着した札幌でも夜遅いとは言いながら人通りは閑散としています。何とか早く収束に向かいたいものです。