総合政策委員会

 今年初めての一斉委員会が開かれました。
 私の所属する総合政策委員会では、平成26年度政府予算案の概要説明と、平成25年度北海道集落実態調査に関する報告がありました。
 集落の範囲の取り方にもよるかも知れませんが、北海道内で一集落100人を切るところが23年調査に比べて約50地域増えて(2066集落)となったことが報告されました。
 高齢化も進み、調査毎に都市部と地方の格差が広がっています。
 市町村に於ける集落対策を実施しているのは48%、内容は生活交通、高齢者支援、産業担い手、除排雪対策などとなっています。
 地域の維持という面で今後様々な方策を考えなければならない問題です。

投函

 今朝事務所に出ると、事務所長が、「道議こんなものがありました」と、新聞と共に切り抜かれた記事を持ってきました。
 どこかの新聞の切り抜きだと思いますが、内容は、美輪明宏さんの意見記事で、「政府は経済対策の成果が出てきて、景気が上向いてきているとして消費税を上げることにしたが、年金の引き下げや、高齢化で働けないものにとってはその恩恵と言えるものは全くない。こうした人に配慮できないのは政治の貧困」というような内容だったと思います。
 どなたかが、今の安倍政権の政治への不満な思いをこの様な形で私に伝えようとしたものと、重く受け止めました。
 「一隅を照らす」という思いがなければ政治とは言えないものと思わされました。

地域課題

 別海消防団の出初め式と、町主催の新年交礼会に出席しました。
  別海町では、昨年海の方は一昨年に比べてまずまずの成果でしたが、酪農は大幅な牛乳生産量の減産という結果に終わりました。
 この要因は様々あろうかと思いますが、一昨年秋までの猛暑、昨年牧草収穫期の天候不順と、収穫したサイレージの栄養不足、そして何より大きいのは、離農に歯止めがかからず、またその後への新規入植や、周辺農場の設備投資などでの跡地吸収がなされないことにあります。
 TPPの行方のような将来不安と、厳しい建築基準遵守を求められて割高となるばかりの牛舎等施設への投資意欲の減少が大きいと思います。
 ここのところを解決できなければ、牛舎のいらない放牧酪農のニュージーランドの酪農と競争することなど到底出来無いものです。いくら企業化してもこのことを制度上見直さない限り、あるいは、将来不安をなくさない限り地域の酪農は衰退せざるを得ないことになります。

活動開始

 3ヶ日が明けて羅臼消防団の出初め式から、今年も活動開始です。羅臼消防団の表彰式では40年勤続の表彰を受けた方が4人もいて驚きました。私も議員になってすぐ辞任していますが、その前年30年の表彰を受けましたので、その時辞めずにそのまま在籍していたとすれば丁度40年になります。まさに人生の大半で消防団員として地域の安全を守ってこられたもので、敬服します。羅臼町は昨年火災がたったの1件だったと言うことですが、多分消防にとっては悔しい1件だったろうと挨拶しました。地域に根ざして住民に予防の意識を徹底しているからこそこの一件で済んだと言えると思います。
羅臼消防出初め式26.jpg

フェイスブック

 このブログと共に、フェイスブックにも投稿しています。
 時々この文章をそのまま載せますが、様々なご意見をいただきます。反論、批判もあり、賛成や、激励もあります。
 一応顔写真入り、実名が原則なので、ツイッターのような汚い言葉はありません。
 このブログもページの一番下に「ご意見はこちら」として、そこをクリックすると私のメールにつながるようにしていますが、場所が悪いためか、一度も来たことがありません。
 今はSNSの時代とかで、FB(フェイスブック)で十分交流ができるので、こちらを活用しながら続けていきたいと思います。
 今年もできるだけ毎日書き続けますのでどうぞご覧下さい。

今年の重要課題

 今年は、年明けと共に次の議会に向けての作業が始まります。
 7日〜8日は一斉委員会で、常任委員会と特別委員会がそれぞれ開かれますが、政審では一定に向けての課題検討会をその合間に行います。
 また、9日には、政審のみで、課題についての協議をして、ある程度の方向を定めて今後行われる各部からのヒアリングや、予算協議、そして代表質問へと進んでいきます。
 今年はTPPが最終局面を迎えること、昨年減産に陥った酪農の今後の計画見直し、HACの扱い、JR北海道の底の知れない状況、社会保障費の負担増と北海道の行財政計画の見直し。
 秋頃には北電泊原子力発電所の再稼働問題、北方領土問題の動向等々本当にどれをとっても今後の北海道にとって重要な意味を持つ課題が目白押しです。
 こんな時政審委員長になってなどと愚痴は言わずに、みんなの知恵と意見を合わせながら、間違いのない方向を定めて行かなければならないと、覚悟と決意を持って新年を過ごしています。
 どうぞよろしくお願いいたします。

新年明けましておめでとうございます。

 2014年が明けました。
 皆様方も、それぞれ新しい年に対して、期待や希望を持って迎えられたことと思います。
 私の新年は、皆様方からいただいた年賀状への返信でいっぱいになっています。
 悪い癖のようなもので、年賀状は新年になってから書くものとしていることと、選挙区の方へは、公職選挙法で返信のみ許されるとかでこうなってしまいます。
 手書きではできない分、文章はこれまでの様々なお付き合いの方向けに8種類くらいプリントするので、余計手間がかかります。
 でもこれは年前に用意して置けば良いことなので、要は不精者のぎりぎり、と言ったところでしょうか。
 こんな事をしながらですが、今年の道議会は本当に大変な年になりそうという事をひしひしと感じます。
 この課題は明日書きます。
 今日は久しぶりに家族が11人揃ってのお正月で、お酒も少し入りました。
 取り敢えず、無事新年を迎えてめでたしめでたしです。
DSC06131.JPG
DSC06135.JPG

今朝降った雪で作った雪だるまと、家族集合写真