コロナの検証

今日の一般質問は午後だったので4人でした。質問はコロナウィルス関係が必ず入るような展開となっています。中でも、学校の北海道一斉休校の措置が適当だったかという質問に同感して聞きました。答弁は、国の緊急事態宣言が出され、全国で一斉休校の要請があったという事を挙げて、必要な措置としていましたが、広い北海道全域を、地元感染者のあるなしを考慮せずに一律に扱う事が本当に公平な在り方かと疑問に思うのは質問者だけではないと思います。正しい科学的根拠なしに言うのもおかしいかもしれませんが、一方で正しい科学的根拠もなしに一律に扱う事も正しかったとは言えません。検証が必要です。

夏至と日蝕

今日は夏至ということですが、それに日蝕も重なるという珍しい巡り合わせになりました。地元にいて、よい天気でしたが15時過ぎのその時間帯にはすっかり忘れていて、見えたのか雲があって見えなかったのか解らないうっかりものでした。北海道の夏はこれからが本番なのですが、毎日日の出が遅くなり、それを追いかけるように日の入りも早くなります。時の経つのはとても速く、なすべきことができてい無いことに焦りも感じます。

父の日に

明日の父の日を前にして、孫達が私の似顔絵を描いて持ってきてくれました。上の子は絵も上手になりましたが、字が丁寧で綺麗になったことに驚くほどでした。下の子は昨年暮れに、クリスマスのプレゼントをねだったときは読むのに苦労した文字が読めるようになったことに感心。子どもの成長のあとが見えてとても嬉しいプレゼントでした。

検証議論

今日から一般質問(代表格)が始まりました。各会派(自民・民主・結志会)の質問は、先ず知事の政治姿勢を問う中で、2月に独自で発した緊急事態宣言からの経過の検証をすべきという事がありましたが、知事からは明確な答弁がなく、与党の自民党が再質問と指摘をするという結果を生みました。独自宣言の良しあしを検証することではなく、一旦経過や2次感染拡大に至った経過などの検証をすべきと思いますが、知事側はまだ収まった段階ではないので今はできないという回答で、議論はすれ違ったままでした。

イージスアショア

先日河野防衛大臣が山口県と秋田県に設置を予定していたイージスアショアの設置中止を突然発表し論議を呼んでいるが、私はこれが正解だと思います。ミサイルを捕捉し撃ち落とせる能力に疑問があることに加え、ブースターが演習場内に落ちる保証ができないことなどが理由だと伝えられているが、コロナ対策でこれほど多くの予算を必要としているときに、不確実な防衛施設予算を浮かせて国民の窮状を救う事の方が飛んでくるかどうかわからないミサイル防衛よりは緊急性で勝るものではと思うのです。防衛は武器より外交で解決する方が国民にとっては大事と思います。

女房のけが

日ごろから膝の悪い女房が、牛を追おうとして膝をひねり病院へ行ったところ軟骨が欠けているという事で、手術しなければ治らないと言われたと話しています。まだ現役で牛舎に行き、搾乳や子牛の哺乳などをしているので、びっこを引きながら仕事をしているのが哀れですが、私も定例会が始まり、そうそう手伝えないのがもどかしいことです。休会の日はできるだけ地元に帰って手伝う事にしていますが、会議のある日は前日の夕方釧路まで行って特急に乗り、会議の終わった夜特急の最終便で家に帰るという生活をしています。議会が終わったら女房は入院の予定。

補正予算先議

今回の議会でコロナ対策を出来るだけ早く実行するための、320億円の補正予算を定例会冒頭で議決するための先議議論を本会議で行いました。検査体制の増強、介護施設等の組んでもクラスター防止対策、生活困窮者支援、観光振興施策等を目的とする予算です。その用途や先議しなければならない理由などについて各会派から知事に質問がされましたが議決され、早期の経済回復と流行の防止を図ることになります。

コロナ議会

今日の前日委員会を経て、明日からは第二回定例会です。冒頭で予定されている北海道の第3次補正予算には、300億円以上の金額が計上を予定されています。その中には苦境にある観光関連産業の活性化のために北海道民に対して「道民割」という旅行商品を売ることも含まれています。これは乗り物や宿泊とリンクする体験観光などを道民に楽しんでもらいながら観光関連産業の復旧を進めていこうというもの。まず地元の良さを見直すところから始めようという事です。このほか議論の中心はコロナ関連が多くなります。やられっぱなしのコロナですが、反転攻勢に出たいものです。

異様な光景

明日からの議会のため、釧路から特急で札幌へ出ました。札幌駅に着いたところで、夜遅いにもかかわらずたくさんの人が行き交っていましたが、そのほとんどすべてがマスク姿。新しい北海道スタイルという事で、当然と言えば当然ですが、やはり異様な光景です。新型コロナがはやり始めたころ、マスクはコロナウィルスの侵入を防げないと言われ、論議を呼んでいましたが、今度は無症状で感染しているかもしれずそれを他人にうつさないためのエチケットと言われて、していない人が奇異の目で見られるようになりました。やはりこの光景は異常です。市中での空気感染はほとんどないと言われるのに、この光景は一日も早く解消したいものです。

とにかく暑い

例年この時期突然熱くなることはありますが、昨日・今日ととても暑い日が続きます。連日の30度は牛にもこたえますが、空気が乾いているため、餌を食べるところに大型ファンを回しているので、エサは普段通り食べているので、まだ牛に対する影響は出ていないのが救いです。仕事をしている人間は弱いもので、汗だくになり、顔は乾いた汗でしょっぱくなってきます。作物には絶好の気温で、毎日ジャガイモやトウモロコシがぐんぐん伸びていくのが見えるようです。