道外調査

 道議会総合政策委員会で、2年に一度の道外調査に出ました。
 今年は宮崎県での産業や地域活性化への取り組みと、種子島に渡って航空宇宙産業への取り組みなどについて研修することになりました。
 出発の際、千歳空港が除雪作業のため到着便、出発便が大幅に遅れ、私たちの搭乗予定便も40分遅れでの出発となりました。
 羽田での乗り継ぎ待ち時間が2時間もあったので、乗り継いで予定通り宮崎に到着することができました。
 出発の千歳はマイナス5度、宮崎は18度とその差を感じながら宮崎県議会庁舎で、宮崎県の行っている「宮崎フードビジネス」「移住促進お試し暮らし」「中山間活性化支援隊」などの取り組みについての説明を受けました。
 北海道と状況は違うものの、課題は同じと言うことと、この3つの取り組みはそれぞれ連動して行うことで一層成果を発揮できると感じました。
宮崎研修2.jpg
宮崎県庁.jpg

宮崎研修1.jpg宮崎県議会前と、100年の歴史のある県庁舎、研修資料

コメントを残す