しばれた

今朝はマイナス19度だったとか。牛舎へ行くといつもは音の無いところから水の噴き出している音。いやな予感が当たって、パーラーのクラスター(牛の乳を搾るために乳首につける4つのティートカップがついている状態が房のように見える)を洗うための水を送る根元のパイプが接続点で抜けて水が噴き出していました。何がどうなっているのか解らず、先ずはバルブを閉めてお湯と水を止めて、いろいろやってみたが構造が解らず試行錯誤の末、1時間後何とか修復に成功。明日からはストーブを焚きっぱなしにして置かなければと反省。牛が水を飲む水槽も電熱が入っているにも拘わらず表面が凍っていたりで、そこにお湯を注ぎ込んで融けるのを待ったりととにかく余計な仕事が増えています。気温が5度違うと様子が全く違います。せめて15度程度で終わってくれると助かるのですが。