地学協働

今日の一般質問で、奇しくも二人の議員から、「高校における地学協働」についての質問がありました。少子化の影響で都市部は勿論、地方での中学卒業生が急速に減少し、高校の存立が危ぶまれる事態になって居ます。そのためもあって、各高校は生き残りをかけて学校の特色を出そうと様々な工夫と努力を重ねていますが、その一環が「地学協働」なのです。これは文科省が最近、実学を含む地域と密着した高校としてのあり方を探る方向として示しているものです。生徒数が減少している中で地域のことを知り、地域に残ってもらうための大事な人材を育てようという試みを広げていきたいものです。