定例会開会そして追悼演説

今日から第3回定例会が開会されました。昨日の事前委員会で説明された450億円余りの補正予算などの提案に先立って、6月に亡くなった日高管内選出の金岩議員に対する追悼演説が行われました。演説は故金岩氏の所属していた北海道結志会(ゆうしかい)の大川道議が行いました。私とも、会派が違いますが初当選同期でしかも一期目の前期に同じ「北方領土問題特別委員会」に属し、ビザなし交流事業にも一緒に派遣されることになったものの、始めの色丹島訪問時は船に荷物を積み込んだものの悪天候で中止、その次の訪問団でも船は出たもののやはり悪天候で引き返し、7月のほうもんでようやく国後島に渡ったという思い出の深い同士でした。この悪天候は2年後の北海道・東北ブロック議員研修でも続き、山形での研修を終えて帰ろうとしてところ吹雪で飛行機は欠航、鉄道ならと乗り込んだ列車も函館から先は運休と言うことも有り、すっかり悪天候コンビとなってしまいました。思い出の多い議員でした。