出席批判

明日からの定例会を前に常任委員会と特別委員会が開かれました。今回の定例会に提案される補正予算や条例改正案の事前説明が主でした。この他では、知事が27日に開かれる安倍元総理の国葬に出席するという表明があり、早速野党などが反対の表明をしました。安倍元総理の銃撃死は本来犯人を憎むべきところなのに、その下とされた旧統一教会との関係に焦点が向けられ、国葬に反対したり、これを機に自民党の力を削ごうという動きがマスコミによって扇動され、これによって形成された世論という形で進められています。歴代で最長の総理として、景気回復や国際的な日本の地位の向上、政治の安定のために全力を挙げてきた安倍氏を国葬で送ることに反対し、その功績を貶めることが、日本の将来のためにどのような影響が有るかを思うと、残念でなりません。知事は当然参列すべきです。この様な日本の現状では、自分をなげうって日本や国民のために尽くそうという政治家など現れないだろうと思ってしまいます。