nagasaki

長崎に原爆が落とされた日。77年前の悪夢は被災された人たちにとって忘れられない日で有ろうと思う。この悪魔の兵器を開発し、実験のように広島と長崎に落としたアメリカが国際的な非難を浴びたという話をついぞ聞いたことがない。その兵器の強力な殺傷力と、放射線による後遺症の悲惨さは、戦争という相手に勝たなければならな紛争にとっては相手のことなどかまっては居られないと言う、人類滅亡につながる状況下では考慮されることはない。どの国も相手より強力な兵器を持つことが自国に有利として、或いはその兵器を持っている相手に対して抑止力になるという幻想の下、核兵器不拡散条約や核兵器廃絶条約は所有国によって無視され、ロシアのようにウクライナ侵略に際してその使用をほのめかすなど、止まることを知らないかのようだ。何十発もの核兵器をミサイル攻撃のように撃ち合ったらお互いの国だけでなく世界中を滅ぼしてしまうことになるとは考えないのだろうか?争いをやめられない人はつくづくどうしようもない存在だと思う。