物価と給与

コロナで配分された膨大なお金と、自粛していた間に貯められたお金のせいか、急速な物価上昇が起こっていると言われますが、日本の状況は未だ諸外国に比べると小さいことが報じられていました。しかし一方で労働賃金(給与)の引き上げも低く、このことが生活苦に陥る人たちが多い原因にもなっているとされていました。オイルショックの頃と状況は似ていますが、物価が上がっても給与も上がり、まだまだ成長していけると言う期待感があるかどうかが決定的に違うところでもあります。今一度物価と労賃のバランスと、生産効率を引き上げる方策を強化すべきと思います。