ゼロカーボン北海道と道の役割

明日からの第3回定例会を控えて、今日は前日委員会。常任委員会と特別委員会では提出予定の議案の説明がありました。農政委員会では農業農村整備事業などに係わる地元市町村の負担についての説明でした。土地改良や水利施設整備、農道整備などの事業負担は殆どが二分の一となっていて、財政力の弱い市町村は地域の要望に応えきれない側面があります。次に農業大学校での事故による障害案件の裁判和解報告。散水施設の導入に関する入札結果などの報告案件が説明されました。人口減少問題等の特別委員会では北海道振興計画での市町村の取り組み状況などの報告がありました。こうした取り組みでは道の積極的なリードが欠かせないと感じます。