オリンピックを見て

賛否の分かれたオリンピック開催ですが、いざ始まって日本選手の活躍に触れると、コロナで落ち込んでいる気持ちが変わってくるように思います。一年延期になり、目指していたものが消えたときの喪失感を味わった選手が気を取り直し、調整をし直して国の代表として必死で戦う姿は、単なるスポーツの大会を超えたものがあるように思えます。やはりオリンピックは4年に一度、国を代表して武器では無くスポーツで戦う、その間は戦争状態にあるところでもそれを中断して、と言うところに平和の大切さを見直すと言うオリンピックの理想を改めて考えると良いと思います。