選対本部

札幌で道連役員・選挙区支部長・道議会議員の合同会議があり、出席しました。選対本部は道連はるみ参議院議員を本部長として、道連役員がそれぞれの役職を分担する組織構成としました。先ずは衆議院議員選挙に勝つことが最大の使命ですが、その後来年夏に行われる参議院議員選挙についても3議席中2議席をとると言うことを確認し、現職の長谷川岳氏を一時公認した経過説明もありました。通常、現職や、前回の高橋元知事のように知名度の高い候補が居る中で、もう一人の候補を立てて2議席を獲得しようというのは非常に無理があることが分かっていながら、先行して現職の一時公認をすることにどれほどの意味があるのか疑問に思います。