大臣の首を?

西村大臣が感染の再拡大のために自粛要請に応じない飲食事業者や、そこにお酒を下ろしている酒店に、金融機関や行政から指導するよう依頼したと言うことが明らかとなり、事業者などから反発があったことで、国会の議運委員会で野党の追及が有りました。国の対策本部の役人がなんとか感染の拡大を抑えたい一心で提案したことのようですが、大臣はその最高責任者として行き過ぎを陳謝し、その呼びかけを取り消すことを表明しました。委員会では立憲民主の議員が「責任をとっておやめになってはいかがですか」と発言していましたが、大臣の首を取ってコロナの感染が治まるのなら大臣は喜んで辞任するでしょう。苦しくても結果を出すのが責任あるものの立場だと国民のみなさんには理解して欲しいものです。