観光の苦境

新型コロナが治まらない。いつもの年なら、観光客が列をなしている花観光のメッカとも言える富良野、美瑛方面も閑散としています。緊急事態宣言の下ではしっかり減少してきて、もう一歩ではあるけれどもう解除しても大丈夫として、まんえん防止特別措置も解除になったけれど、人の動きが活発になるとまた増加ということの繰り返しとなっています。元々人が少なく感染機会の少ない田舎はまだしも、東京や札幌のような人口が多く、それだけ感染者数も多い都市では人の動きも活発で感染機会も多いのが当然で、自粛を求められる事業者の不満は分かりながら、その解除は再び感染の拡大・強硬措置の繰り返しとなることも確かです。地方の観光などの苦境もそこに源泉を発していることも思うべきでしょう。