地方交通は?

2030年新幹線札幌延伸に伴って並行在来線となる函館本線の後志ブロック対策協議会が開かれ、道からの今後の試算が示された内容の報告がありました。これによると第三セクターで存続するとすると初期投資に191億円かかるほか毎年24億円程度の赤字が発生するとなっています。これがバス転換では初期投資が18億円、毎年の赤字が2億円程度となることや、利用の多い余市小樽間を存続した場合の試算も示しています。初期投資は鉄道資産の買い取り価格も含んでおり単純にこの様な計算とはならないものの、その後の運行経費はこの様に大きな負担となることを考えると、新幹線で都市間交通はスピードアップして便利になることと反して、地方交通は益々困難となることになり、問題です。