道民割りモデル的取り組み

予算特別委員会知事総括での質問は、やはりコロナ対策に集中しました。変異株対策、病床確保計画の見直し、ワクチン接種の見通し、中小企業支援策、そして飲食店対策と観光関連事業支援対策です。昨日意見がまとまらなくて一日延期になったのも、この道民割りで観光を動かすかどうかで自民党と道政理事者の意見が対立したからです。政審の粘り強い交渉で北海道をブロック分けして感染の可能性が小さい地域での道民割りモデル的取り組みを行うと答弁を引き出しました。急に決定したことなので詳細が決まっていませんが、予算を明日議決するに当たって、その詳細を示せと北海道結志会の質問で追求され答弁に詰まる場面がありました。この施策は観光関連産業に光明となることと思います。