北方領土の日に

 今日は北方領土の日。言うまでもなく、日本とロシアが平和裏に「日ロ通好条約」を結んで国後島と得撫島の間を国境と定めた日です。その後樺太と得撫島以北の千島列島を交換した交換条約、日露戦争後のポーツマス条約での樺太南部の獲得を経て、第2次大戦の敗戦後のサンフランシスコ講和条約での樺太南部と千島列島放棄をして今の状態になっています。この放棄した千島列島の範囲については、日本側は最初に結んだ条約での国後・択捉、色丹島と歯舞群島は放棄した千島列島には含まれていないとしていますが、ロシア側はすべて含まれると主張。結局力によって決められた国境は力によってしか変えられないという現実が目の前にあります。だから、尖閣列島も中国が力をつけてから主張し始め、無理やり力によってそれを現実にしようとしているのです。戦争のない平和は理想ですが、現実はこうです。