文化の日と新型コロナ

11月3日は文化の日。例年だと各地で菊祭りが開かれ、公民館などでは文化活動に係る催しが目白押しとなりますが、今年は「コロナ」のせいでほとんどが規模縮小や中止となっています。文化は流行性疾患に勝てないという事でしょうか。人々を心豊かにし、より充足感のある社会を実現できるのが文化であると思いますが、それ以前に「命」が大事という事なのでしょう。感染拡大を続ける新型コロナですが、インフルエンザとどの程度の違いがあって、どの程度より恐ろしいかという事も十分比較検討された報道がないことは、疑心暗鬼を拡大しているようにも思います。