日本学術会議

久しぶりの投稿になりました。今日本学術会議会員の推薦に対し、菅内閣が6人を承認しなかったと学術会議やマスコミ、そして野党が非難しています。これまで日本学術会議が210人もの会員が居りその会員は学術会議の推薦によって政府が承認することになっていることを知りませんでした。更にその運営は10億円もの政府支出でなされていること、これまで承認されなかったことはない事も初めて知りました。承認案件で不承認がなかったことの説明は必要だろうが、それは個人の尊厳を冒すことにもなりかねない。この際、この学術会議なるものが政府機関であることの是非も論じるべきではないかと思う。道議会の行政委員承認案件では共産党がしょっちゅう反対しています。