特定放射性廃棄物に関する条例

寿都町が検討している放射性廃棄物埋設施設に関し、知事が反対の根拠としている条例を調べてみました。条例では、「処分方法が十分確立されておらず、その試験研究の一層の推進が求められており、その処分方法の試験研究を進める必要がある。(中略)こうした状況の下では、特定放射性廃棄物の持ち込みは慎重に対処すべきであり、受け入れ難いことを宣言する。」となっていて、初めから受け入れないと言っているのではないことがわかります。知事の発言は勇み足的なことがわかります。