大流行の懸念

新型コロナ感染者が、東京・大阪・名古屋などの大都市を中心に増え続け、昨日は1500人越え。今日も月曜効果があっても1350人という数字を示していることを深刻な状態と表現しています。アメリカやブラジルなど外国の流行とは比較にならないものの、国民に恐怖感を与えるには十分な数字といえます。岩手県でも初めての感染者が確認されましたが、いつ・どこで感染者が出てもおかしくない状態です。これに関して、道内でも感染者の出ていないところで、もし旅行者などからの感染が確認された時どのような対応体制ができているのか不安だという声があるので、確認して知らせたいと思っています。