地方交通の今後

8月の道内調査で訪問する上士幌町の町長が議会に来られるというので、議会に出向きました。広い北海道で、人口密度も低く公共交通を担う会社は鉄道のみならず全ての機関が大変な苦労をしています。国鉄時代や民営化の際廃止になった鉄道の代わりの交通を維持するための交付金による基金も、もうじき底をつくころで、今後車に乗れない住民の移動手段をどう確保するかを考えるとき、法律の規制や権利関係が障害になるとのこと。そのあたりを十分調査して地方交通の在り方を考えなければならないと思います。