第二次補正

国のコロナ対策のための第二次補正予算が決定しました。要望の多かった賃借料や、休校に伴う雇用継続給付金の額の引き上げなども含めて31兆8千億円、事業規模で110兆円を超えるものとなっていますが、今後の再発生も考慮に入れて10兆円の予備費も取るという予算で生活と経済の維持に対応しようとしています。一応の収束を見たとしても住民生活が元通りになるには相当時間がかかると思われるし、新しい生活スタイルを追求すると元には戻らないことも考えられます。経済や生活について新しい考え方で進まなければならないかもしれません。