飲食業の窮状を救え

緊急事態は解除されましたが、依然として注意喚起は行われています。2月の知事の記者会見以来ばったりと予約が亡くなりこれまであった予約のほぼ100パーセントがキャンセルになったそうです。2月も減ってはいましたが、宣言以来は惨憺たる状態です。特に宴会のできる会場を持つホテルや宴会場は、年度末はまさに一年中で最も忙しい時期ですが、殆ど全ての予約が無くなり頭を抱えています。飲食業も外出自粛のあおりを受け、このままでは営業継続が無理とさえ言われます。大流行の恐れが小さくなった今、皆さんで地元の飲食店を利用しませんか?