建国記念の日

今日は「建国の日」ではなく、「建国記念の日」歴史的に確たる証拠のある日ではないという議論の結果こうなったと記憶しています。戦前は神話時代の伝説から、この日が「紀元節」とされていましたが、戦後しばらくはこの日を祝うことがなくなっていました。どこの国にも建国記念日があるのにという意見の中で、このような言い方に落ち着いたものでした。賛否があって反対する集会も毎年開かれていますが、自分の国を意識するためにもこの日は必要なことではと思います。