北方領土の日

2月7日、1885年のこの日、日本とロシア帝国の間で通好条約が結ばれ、択捉島とその北の得撫島の間を国境と定めた日です。戦争に寄らずに国境の定められた、世界でも数少ない例ではないかと思うのですが、現状はそのあとの2度の戦争の影響を受けて今の状態となっています。私はいつも思うのですが、平和の裡に解決を目指すのであれば、国民的な運動の広がりと粘り強い継続が必要なのですが、ごく一部の地域と団体にだけしか関心がないように思えています。