異常気象

フインランド訪問を終えて千歳経由で帰ってきました。フィンランドは北国で、非常に寒いと覚悟してヒートテックを着て普段はしないマフラーもしてと、万全を期して行きましたが、ヘルシンキに到着すると雪もなく、気温も高く拍子抜けでした。ヘルシンキはもともとバルト海沿岸にありメキシコ湾流の一部も流れ込んでいるのでそれほど寒さも厳しくないようですが、それでもいつもは凍っている海には氷はなく、内陸のヨエンス―という町でも例年より10度も気温が高くやはり雪はほとんどなく寒さも北海道の函館程度という異常気象といわれる状態でした。