寿司

現地最終日、相変わらず暗い朝のうちに出発(時間は9時ですが)して、ヘルシンキ沖にある世界遺産「スオメリンナ島の要塞」を見学。長い外国の支配時代の要塞ですが、攻防の歴史を感じさせる石垣に圧倒されました。その後郊外にあるヤルヴエンバーという町にあるケーシティマーケットを訪問。ここの寿司の販売が非常に大きく1日1100キロのななつぼしを使った寿司を店頭販売したこともあると言うことで、私達も短時間でしたが宣伝に参加しましたが抵抗なく食べてくれる事に私たちとの近さと可能性を感じました。