森林研究所

まだ暗い8時30分にホテルを出てリベリア専門学校に行き、林業部門を中心に学校の説明を受けた後、土屋副知事がカルビネン校長と連携の覚書の調印をしました。フィンランドでは、普通大学より職業専門大学 (学校)を出て仕事に就くのが普通なので、現場主義の教育がされています。また、この学校は北カレリア地方の市町村連合が運営している事や、その後立ち寄った欧州森林研究所が、全て木材を使った建物と、ヨエンスーのような人口5万7千人程度の町に欧州19ヵ国の研究所本部がある事に驚きました。この街にはCLTを使った14階建ての学生向け高層住宅も建てられています。