生産拡大

今日の会合では、農協組合長から地域での牛乳生産の現状を聞く機会がありました。TPPやEUとのEPA、アメリカとの貿易協定など、日本に押し寄せる自由貿易の波に一番影響を受ける酪農畜産対策が重点的に施され、クラスター事業など大賀投資が相次いでいる結果、農協管内での牛乳生産も増加の勢いが増し、現在は103.8%、今年の計画では104%と大幅な伸びが見込めるとのことです。将来に備えてこうした伸びを伴う投資は必要ですが、それにしても建築費が高くなり過ぎています。そして将来の人手不足です。やはり外国人頼みになるのでしょうか?