支持者の動き

先週知事が本会議自民党の代表格質問でIRの見送りを答弁したことで、苫小牧市はもちろん、経済界からも自民党に対する不信感が出てきています。環境影響調査が3年かかるという事で、21年7月の申請期限には間に合わないという理由ですが、道議会自民党でも結論を知事に委ねるだけで、推進に向けて会派をまとめられなかったことや、世論に反して喫煙室を会派に設置する決定など、選挙での主要な支持者である経済界や医療業界の期待に背く自民党が、次の選挙で支持されるのか心配します。