またまた暴走か?

連日マスコミの関心の的になっているのが、IRの行方です。今朝の道新は「断念」という言葉を使って報じました。よく自民党は「IR実現」を公約にしているのにと書かれますが、正しくは「様々な懸念や課題を解決し、国際競争力の高い観光地の形成と地域経済の活性化に資する統合型リゾート(IR)の実現」と書いています。これは当時私が政務調査会長として調整を図る中で様々な懸念や課題があることを認識したうえで、この表現にしました。今はその懸念や課題をお互いに出し合いその点検をしたうえで進むのか立ち止まるのかの判断を模索する段階で、道新のように断念などという段階ではないと断言できます。スクープ争いも結構だが、正しい情報を伝えることを忘れないでほしいものです。