統合型リゾート

今日から第4回定例会が開会されました。提案の主なものは道路、河川などの道単独事業費約8億円を含む補正予算64億円余り、社会福祉法の改正による無料低額宿泊所の設備等の基準を定めるための条例制定のほか、報酬審議会の答申に基づき特別職や道職員の給料月額、期末手当の増額、道総研の役員任期に関する定款変更や中期目標を定めること、などについて提案されました。その後昨日に続いて自民党会派でのIR検討協議会が開かれ、副知事や観光振興監などと様々な懸念についての意見交換をしました。これほど多くの懸念や疑問がある中で簡単に進むわけにはいかないという事で、さらに課題の調査と整理をすることになりました。