やさしい日本語は難しい

外国人材が北海道内にも多く入ってきている中で、意思疎通がうまくいかないことでのトラブルも多くなっており、外国人定住に向けて多文化共生社会を形成することが必要という事で、各振興局ごとに地域研修会を開いていますが、今日は根室振興局で管内1市4町の関係者を集めての研修会でした。研修の中で、北大の高本康子氏が、「やさしい日本語」入門という題で様々な場面で、日本語の不自由な外国の方にいかにわかりやすく伝えるかの方法について参加者に応えてもらいながらの講演をしました。英語では実際に使う事のない、This is a pen.と同じように私たちが普段使っている言葉や表現を易しい基本に言い換えることの大事さと難しさを学びました。