ノーベル化学賞

団体政策懇談会3日目、今日も9団体と懇談しました。どの団体も若年技術者不足対策が急務です。そうした中、有資格者が居ながら受け入れ口が限られているのが管理栄養士で、全市町村に最低一名の管理栄養士配置を目指していますが、小規模町村でまだのところがあります。栄養指導がなく一名の透析患者を出すと一人雇うことができるだけの医療費がかかるというお話には説得力がありました。丁度終了した4時ころ吉野彰さんがノーベル化学賞を受賞したとのニュースが流れていました。すばらしい!