吉野家再建と生産性

内外情勢調査会で「牛丼の吉野家」の再建にあたった現会長の講演を聞きました。会社更生法の適用で、これまでの成長性から安全性に切り替えたこと、生産性を高くし他より時給を高くすることによって教育原資を確保して能力の高い従業員を確保・育てることができる。牛肉も一定の味と食感を保つにはUSビーフの一定期間穀物を給与した牛の9インチプレートに限定していたが、急激な店舗数拡大でそれがおろそかになり倒産に至ったこと。BSEの発生でアメリカ産の牛肉が確保できなくなって吉野家のイメージでない牛丼を提供するくらいならと牛丼を外したメニューの開発で店の信用を保った。定性的な効果が、定量的な効果に代わってくるから、最初の一歩を続けることが大事。最後に、人間が成功するには3つの要素があると奥さんがお寺の住職から聞いてきた真理を披露。それは、①誰よりも努力すること。②周りの協力が得られること(協力させることとは違う)③神(仏)のご加護があることだそうです。全体に含蓄のある講演でした。