子供の日に

今日は子供の日。昨日採ったヨモギを入れて孫たちと草餅を搗きました。こうして小さな孫とお餅つきをできることは、とても幸せなことです。しかし、日本の子供の数は減り続けており、一年間に生まれる子供の数はすでに100万人を切って今では90万人になってきています。子供が減るということは、その分人口や、消費が減り、社会が縮小していくことになります。経済成長を求めながらこうした傾向に歯止めがかからないことは、今後の日本の在り方や、人々の生活の仕方を見直さなければならないことにもなります。