投票率

順調と思っていた選挙戦ですが、今日の遊説が終わって事務所に帰ってきたときに、事務局長が来訪者に語っていたことを聞いて慄然としました。それは投票率が仮に40%まで下落した時には有効投票数は約1万6千票にまで減り、組織票のある相手候補が7~8千票をとると残りの票が私で、決して楽観できる状態にはならないということです。最初の選挙ではいかに投票率を上げるかに工夫をし、そのことによって私は議員となれたのです。投票率が40%等と言うことの無い様に祈るだけです。