通夜

このブログを中断している間に母が亡くなりました。22日の朝、ある企業の事業所へ朝礼に行っている最中入院していた病院から連絡が入り駆け付けた時にはすでに旅立った後でした。前の日姉と会いに行った時には苦しそうな息をしていて切ない思いで帰ってきましたが、その前の日はまだ話ができて、手を握った私の手が「冷たい」とか、「帰るからな」と言ったら、うん、といっていました。これが最後の会話でした。式場とお寺の都合がつかず一週間自宅で見守ることができました。今日が通夜です。