羅臼港

 知床羅臼の漁業基地羅臼港は、いま水産物の鮮度保持と、消費者の安全安心の期待に答えるため、全天候型漁港の整備が進められています。羅臼では、オホーツク海から流れ出す海流と、宗谷海峡から北海道のオホーツク沿岸を流れてくる対馬海流が混じり合って、深いところから一気に浅いところにわき上がってくることで絶好の漁場となっています。秋鮭は日本一の漁獲を誇るほか、ホッケ、キンキ、カレイ、たこ、2種類のウニなど、数え切れないほどの資源に恵まれています。この資源に今以上の付加価値を付けようと、消費者や、流通の要望に応えるため、2階建ての全天候型の漁港整備が進められているものです。勿論一階部分は魚揚場ですが、二階部分は、駐車場や、一部観光客に開放されるなどの他、海洋深層水をくみ上げて、魚の鮮度や、衛生管理をするための施設を併設することになっています。来年度完成に向けて工事は追い込みに入っています。

コメントを残す