団体政策懇談会

 自民党政策調査会が、年に一度、道内の各団体を議会に招いて要望という形でご意見を伺う「団体政策懇談会」を開きました。朝10時、農協中央会を始めにして22団体約7時間の懇談でした。1団体15分から20分の非常に短い時間ですので失礼だとも思いますが、限られた時間の中で全ての団体から課題を伺うにはやむを得ないと思っています。
 栄養士会は、各施設や市町村への管理栄養士や栄養士の配置をして、栄養面からの健康管理を提案されましたし、土地改良連からは、パワーアップ事業や農地・水・環境対策事業への満度の予算措置を求められました。この他道路整備の促進や、新幹線の早期札幌延伸なども求められました。林業団体は伐採跡地の植林促進、造園士会は道路工事などへの造園士の配置を要望されました。この要望は、3年続けてですが実現していないとの指摘もありました。予算との見合いでなかなか実現できないことが多く、じれったい思いもする懇談会でした。明日も同様の懇談会がありますが、私は地元の行事があって帰らなければなりません。

コメントを残す