足が棒

 参議院選で、地元を歩けるのは今日だけなので、町の中央通りの個人事業者を一軒一軒歩いて従業員の方も含めお願いして歩きました。
 殆ど快く受けていただきました。
 歩いて改めて感じるのは、商店街の衰退、というより壊滅状態です。それでも何軒かは頑張っていて、通りが他の町のように「シャッター街」にはなっていないことです。
 ここをどうやって再生するか、どこの焦点を当てて取り組むか。
 もっと町の人達と話をしながら実現に向けていかなければならないと感じた、足が棒の一時でした。

コメントを残す