万一の備え

 中標津消防団の総合訓練が8月最終日曜日の今日行われました。
 今年のテーマは、地震などで、水道施設が被害に遭い消火栓が使えなくなった時の対応で、川のそばに小型ポンプを持ち込みそこからポンプ車に中継して火災現場に放水するという想定でした。
 一斉放水だったのと、川からくみ上げる際の基本的な事項の確認が出来ていない分団があったのか、若干時間かかったとは思いますが訓練でこうしたことを確認しておくことによって災害の時にいち早く対応できます。
 各消防団では、毎月一度、こうしたテーマを設定して訓練に励んで、万一の備えをしています。
DSC00671.JPG DSC00672.JPG

コメントを残す