北海道への思い

 午前中、育成牛舎のウオーターカップが壊れているのを、息子と一緒に修理して、あわただしく東京便に乗って東京に出向きました。東京では、今朝予算案の内示があり、それについての分析が行われていましたが、詳細は明日の各部会で出されると言うことでした。開発予算も前年対比で6%減になると言うことで、その他の部分はどうだろうという話でした。
 夜、自民党の道議会議員の集まりに各代議士が来てくれて、今回の予算では、北海道の代議士がしっかりとスクラムを組んで、全国平均以上の予算獲得が出来たと話されていました。中川義雄参議・今津寛道連会長・武部代議士・伊達忠一参議・そして、本当に忙しいだろう中川昭一財務大臣まで一緒に懇談してくれました。
 その後、別の場所で、以前赤レンガセミナーに講師としてきてくれた東大の酒井秀夫教授と教授を紹介してくれた、国土交通省の大口局長と席を一緒にして懇談しましたが、どなたも北海道思いで、北海道の人達が気付かない良い面を沢山熱っぽく話してくれて、「もっと北海道は良い面を自信を持って外に発信しなければならないと言われました。
 観光でももっとドラスティックな、東洋のスイスを目指すぐらいの構想を持っても良いのでは、九州は各県が競っているので、どんどんと外へ発信しているよ。」とのことでした。みんなで頑張らなければと思います。

コメントを残す