食品加工研究センター

 21年北海道食品加工研究センター(略称・食加研)の研究成果発表会が札幌で開かれ、その発表が見たくて出かけて行きました。
 北海道内の食品原料を、様々な観点から付加価値を付けるために、加工や、基礎的な研究をしている施設で、新しい食材の導入を含め、全国的にも高い評価のあるところです。
 今回は、シーベリーという新しい小果実の紹介とその加工法や、ヨーグルトペーストの開発、エゾシカ肉の有効利用、等の他「製造現場を変えるー食品企業へのトヨタ生産方式の勧めー」のように製造の効率化についても報告があり、大変興味深く聞かせていただきました。
 これまでも北海道の食品産業にとって頼りになる存在でしたが、来年独法化になっても依然としてその存在感は変わらないようにしなければなりません。
DSC01301.JPG DSC01304.JPG

コメントを残す