自民党再生

 民主党が混乱をしていても、自民党の支持率が上がらないことを時々指摘されます。
 民主党に期待した国民の意向がよくつかめておらず、もう一度信頼を回復できる政策を示しきっていないといわれます。
 今回届いた自由新報によると、「経済成長で雇用創出」「財政規律」「高齢化社会に対応する仕組み」「地域活性化」「我が国の独立と安全保証」の5本柱を今年の参議院選前に出す基本政策の柱にするということです。
 今後これらをどう具体化できるかにかかっているのですが、民主党がほとんどできていない経済成長の中には、デフレからの脱却の具体策が必要ですし、それと生活苦の認識の風潮の差をどう埋めるかの方策も必要です。
 高齢化社会対応の仕組みも、将来不安をどう解消するかがキーポイントです。
 総力を挙げて知恵を絞らなければなりませんし、時間をかけて若手を育てる努力もしなければなりません。
 本当は「科学技術と教育の推進」も入れるべきと思います。

コメントを残す