リレー

 ある団体の役員選考が難航しています。
 最近では、町議会議員や、町内会長、農協や、商工会の理事などいわゆる公職と言われるものになり手が無く、選考で苦労する話をよく聞くようになりました。
 それぞれ、昔と違って自分の仕事がいそがしく、また厳しくなっていると言うことからです。
 仕事の忙しさや厳しさは昔もそれほど楽だったようには思わないのですが、団体の重要度が低下してきたのと、考え方が個人完結型になっていること、名誉職という考え方が無くなってきていることなどが影響しているのではと思います。
 それぞれの組織や団体が、そのありかたを見直す必要もあると思いますが、それとともに自分たちが組織しているという意識を持って、リレーの選手に選ばれて、一定の時期その役割を果たさなければ目的のゴールに達せないと言うことを構成員全体で考えて支援しなければ、必要な団体が崩壊するのではと危惧します。
 私の担っている議員もまたその一つかと思っています。

コメントを残す